副作用が少ないボトックス【人体に対する安全性が高い!】

サイトメニュー

安心の治療へ

注射器

医師選びの目印

安全な治療が1番ですから、ボトックス注射を美容整形クリニックで受ける際も、副作用に関してはキチンと知っておくのが大切です。ただし中には考慮しなくても良い副作用もありますから、その点は分けておくと良いでしょう。例えばボトックス治療では食中毒の副作用がささやかれる場合もありますが、これは心配不要な代表例です。確かに食中毒の原因にはボツリヌス菌もありますが、ボトックスはボツリヌス菌から生産された成分で作られているため、菌その物を注射するのとは違います。もしも食中毒を起こすにしても、それに必要な量はおよそ3万単位とも言われており、かなり膨大です。それに対して美容整形で使われるのは数単位から数十単位で、1瓶丸ごと使っても50単位や100単位などと極わずかな量になっています。3万単位に達するには100単位を使った治療でも300回は受けねばならず、半年に1回定期的に注射しましても、150年掛かる計算です。何より、ボトックスの製造元であるアラガン社の製品は、適切に使用する分には安全かつ効果的なことから、美容目的でも厚生労働省の認可を受けています。治療効果の高い施術を受けたい時はもちろん、副作用のない施術を受けるためにも医師の選び方が重要です。ボトックス治療の実績や経験、それに整形外科医としての経歴なども細かく調べて、信頼できるドクターを選択しましょう。また、簡単に調べたい場合や、僅差で優劣がつけ難い時は、ボトックスの認定資格を基準に加えるのもベターです。ボトックスはアラガン社が販売するA型ボツリヌス毒素製剤の製品名ですが、このメーカーでは独自のセミナーや認定制度を設けています。この資格は的確なボトックス治療が行えることを示す信頼の証しですから、治療先を決める時にも目印の1つとして役立つ訳です。そして、認定ドクターの治療では基本的にアラガン社のボトックスを使ってくれるため、製薬剤的にも質が高く、効果的な治療を受けられます。注射技術に優れた医師は打つ際も細心の注意を払ってくれるので、痛みといった副作用が少ないのもポイントです。治療に慣れていない医師では注入圧なども加わって痛みが増したりもしますから、痛みが苦手な人はこの点も加味しておいた方が良いでしょう。

Copyright© 2018 副作用が少ないボトックス【人体に対する安全性が高い!】 All Rights Reserved.