副作用が少ないボトックス【人体に対する安全性が高い!】

サイトメニュー

打ち過ぎに気をつけよう

女医

鼻や目も魅力的に

眉を上げる表情をしても額に横じわが現れなくなったり、笑顔になっても目尻にカラスの足跡ができないなど、ボトックス注射はしわの改善治療でも人気が高い施術です。治療を受ける場合は副作用にも気をつけねばなりませんが、特に注意すると良いのが医師選びと注入量になります。ボトックスその物は保険診療でも使用されているため、薬剤としての副作用は適量を使う限り殆ど心配ありません。ですがこの適量は健康面での水準と、美容面での水準では大きく違い、後者の方が適量範囲は非常にシビアです。仮に、しわ取り治療として量を打ち過ぎても基本的に健康面への副作用は心配ありませんが、表情がこわばるなど、整形治療としては副作用が生じます。このため適量を注射する必要があるのですが、最適な注入量は患者によって千差万別なため、それを見極められるか否かは全て医師の力量に掛かっているのです。そこで、ボトックスのしわ治療を受けるなら、豊富な経験と卓越した技能を持つドクターを選ぶように気をつけるのが大切になります。また、医師選びを完璧に行っても患者側から多めに打つのを切望しては意味がありませんから、注入量の判断は医師に任せた方がベターです。大人気のしわ治療のほか、ボトックス注射は多彩な治療に利用できるのが魅力となっており、鼻の穴が大きく開いて困るといった悩みも改善できます。鼻には鼻孔開大筋という筋肉があり、これが鼻の穴を広げるのですが、注射でその動きを抑えて鼻の穴が開かないように防いでくれるのです。ボトックスは切る必要がないプチ整形ですから、外科手術に伴う副作用を考慮せず、治療が受けられます。そのほか、目の細さや吊り目でお悩みの場合もボトックスが活用可能なので、切らずに目を大きくしたり、タレ目にしたい時にもピッタリです。目の整形では目の周囲にある眼輪筋にボトックスを打ちますが、注射する位置を調節することで、細目を改善したり目尻を下げたりしていきます。この施術も外科治療ではないので副作用が少なく、ダウンタイムも非常に短いうえ、切開法より修正が行いやすいのもポイントです。また、痛みもボトックス治療の副作用ですが、注射では通常のプチ整形で使う27Gや30Gよりさらに細い注射針を使う場合が多いため、刺す時の痛みは抑えられています。

Copyright© 2018 副作用が少ないボトックス【人体に対する安全性が高い!】 All Rights Reserved.